活動方針

         令和3年度活動方針 

 

 宇都宮市PTA連合会は,昭和32年発足以来,子どもたちの健全育成とよりよい教育環境づくり,そして会員の資質向上や互いの親睦を図る事業など様々な活動を行ってまいりました。
 本会が掲げる『心豊かで,たくましく生きる子どもを育てよう』のスローガンのもと,宇都宮市教育委員会,各学校,関係諸団体の皆様と連携を図り,活動を展開してまいります。

1  保護者同士,保護者と学校,単位PTA同士の『コミュニケーション』の強化

 起こりうる問題を未然に防ぐため,起きてしまった問題を迅速に解決するため,会長会やブロック活動,委員会活動,球技大会等をとおして,単位PTA内はもちろん,単位PTA同士のコミュニケーション強化に努めてまいります。

2  保護者の『学びと成長』の推進

 子どもの最終責任者は親である私たちです。挨拶や礼儀・礼節など子どもの行動や言動は親の姿勢が大きく影響します。リーダー研修会や子育てセミナー,各ブロック・各委員会の研修会や交流事業をとおして親としての『学びと成長』の場を提供し,活動を推進してまいります。

3  子どもたちの『安心・安全』への取り組み

 子どもたちを取り巻く環境は日々変化し続けております。交通事情,携帯電話・スマートフォン・インターネットに関わる問題,不審者問題,感染症や薬物問題など多種多様に及びます。それぞれの背景をしっかりと理解し,関係諸団体と連携し,子どもたちの『安心・安全』を最優先に考え活動してまいります。

4  『単位PTA』への支援

 宇都宮市内96校の単位PTAと連携し,それぞれの活動の状況を情報収集するとともに,その情報を提供・発信し互いに活動を活性化させます。また,時代背景を踏まえたPTAのあるべき姿や,PTAが次世代の子どもと地域に残せるものは何かを考え『単位PTA』と共に歩んでまいります。

『千の蔵より子は宝』
 子どもは何物にもかえ難い宝であり,大切な社会資産であります。PTA本来の趣旨を踏まえた上で,社会状況をしっかりと捉え,連合会としてのスケールメリットを活用し,愛して止むことのない子どもたちの光り輝く未来のために邁進してまいります。