宇都宮市PTA連合会のスローガン
 ~心豊かで、たくましく生きる子どもを育てよう~
本文へジャンプ宇都宮市PTA連合会
 細  則
  (2012) 平成24年5月24日改正
第1条  (ブロック)
会則第3条の遂行のため、単位PTAをブロック別(別表)に編成する。
第2条  (役員選出)
会則第6条(ただし、5を除く)に規定する役員の選出は、役員指名委員会を構成し、候補者を選考する。
役員指名委員会の委員は、、各ブロック3名(小学校2名、中学校1名)とし、会長が委嘱する。
第2条1に規定する役員の選考基準は、次のとおりとする。
(1)  会長は、PTA会長を候補者とする。
(2)  副会長のうち、保護者5名以上はPTA会長を、教職員2名は学校長を候補者とする。
(3)  専務理事は、会員以外からも選考することができる。
(4)  常任理事の保護者代表15名のうち5名は各ブロック長とし、10名は地区を勘案しPTA会長を、教職員3名は学校長を候補者とする。
(5)  会計監査のうち、保護者2名はPTA会長を、教職員1名は学校長を候補者とする。
(6)  PTA会長在任中に本会役員(ただし、会則第6条5を除く)であった者は会則第8条2によりPTA会長離任後(ただし、PTA会員に限る)も役員候補者とすることができる。
理事のうち、常置委員会代表各2名および新聞編集委員会代表者3名は各委員会の正・副委員長をする。
また、庶務理事は、理事会で承認し会長が委嘱する。
以下の役員が欠けた場合は、次の措置をとることができる。
(1) 任期途中において、副会長、専務理事、常任理事及び会計監査が、辞任その他の理由で欠けた場合は、会長は第2条3の選考基準に従った候補者を選出し、会長会の決議により後任者を選任することがでる。
(2) 後任者の任期は、前任者の任期に限る。
第3条  (顧 問)
会則第9条の顧問は、前会長、県P連会長、市内小中学校長会長、担当主管課長とする。
会長は、顧問のほか理事会の承認を得て相談役を置くことができる。
第4条  (特別委員会)
会則11条の特別委員会の設置及び廃止は、理事会で決議する。
第5条  (表 彰)
会長は、理事会より推薦のあった者を表彰することができる。
第6条  (慶 弔)
本市PTAの発展に功労のあった者・現役員に対しては、理事会の決議により慶弔に意を表すことができる。
現役員が死亡した場合は、10,000円の弔慰金と盛花を贈る。
現役員が疾病1か月以上(通院、入院、自宅療養)の場合は、5,000円、不慮の災害に合われた場合は、5,000円の見舞金を贈る。
その他必要ある場合は、理事会に諮って決める。
但し、緊急を要する場合は、会長が速やかに処理し、事後、理事会に報告し承認を得るものとする。
第7条  (改 正)
細則の改正は会長会で決議する。
付 則
平成 6年 5月19日 細則の一部を改正
平成 9年 5月19日 細則の一部を改正
平成12年 5月19日 細則の一部を改正
平成13年12月12日 細則の一部を改正
平成15年 1月24日 細則の一部を改正
平成16年 1月21日 細則の一部を改正
平成19年 5月11日 細則の一部を改正
平成20年 1月25日 細則の一部を改正
平成22年 5月12日 細則の一部を改正

平成24年 5月24日 細則の一部を改正

<< 会 則
        ▲このページのTOPに戻る 
   Utsunomiya City PTA All Rights Reserved. Copyright(c) 2008-2016
HOME | 事業計画 | 活動方針 | 事業報告 | 特別・常設委員会報告 | 常置委員会報告 | ブロック活動報告
表彰 | 組織紹介 | 役員紹介 | 関連リンク | フォトギャラリーサイトマップ